過去開催の様子

小学生最後の夏、部活動などで忙しくなる中学生を前に、10日間の冒険旅に出てみよう!

 

小学6年生は、まだまだ子供の部分を持ちながらも、頭の中は十分に大人の考えも社会性も身につけ始めています。日本全国から集まってきた「同世代」の仲間たちと旅することで、今まで常識だった自分の世界の他にもたくさんの世界があることを知るでしょう。そして、同じ子供たちとは何度も旅をするのではなく、一期一会でありたい。それが荻田の考え方です。

 

100milesAdventureには絶対の自信を持っています。参加条件を拡げ何度も参加するリピーターが集まるのは、その子を100milesAdventureの世界に制限してしまう危惧があります。子供達には、もっともっと広く無限の世界があることを知ってほしい。10日間の濃密な旅を共にすることで、きっと子供達は自分自身を呼んでいる広い世界の入り口に立つきっかけを知るでしょう。

 

だからこそ、チャンスは一度、小学生最後の夏、6年生限定なのです。


第1回 「網走〜釧路」

参加者:3名(男1名 女2名)

ルート:網走~釧路 160km

日 程:2012年8月1日~13日 13日間

 

北海道の中でも、様々なロケーションに富んだコース。オホーツク海をスタートし、ジャガイモ畑の広がる平野から藻琴山を越えると、その先には屈斜路湖。温泉郷の川湯温泉を過ぎ、弟子屈、標茶の酪農地帯を抜けるとその先は釧路湿原。北海道の大自然と人との生活が密着したコースのゴールは、港町釧路。雨が多かった13日間だったが、子供たちも全員元気にゴールした。

 

◯2012年の様子はこちら http://blogs.yahoo.co.jp/ogita_exp/30955845.html


第2回「東京駅〜富士山頂」

参加者:4名(男3名 女1名)

ルート:東京駅~富士山頂 165km

日 程:2013年7月31日~8月10日 11日間

 

東京駅を出発、新歌舞伎座や銀座といった大都会を進み、川崎、横浜、鎌倉を経て、湘南の海沿いを小田原まで歩く。小田原からは箱根に登り、峠のキャンプ場からはついに目指す富士山の姿が一望できた。富士山須走口登山道を、文字通り麓からすべて歩いて登り、富士山では5合目と8合目の山小屋で一泊。東京駅からの歩き旅で体の出来上がった子供たちにとって、富士山はもはや強敵ではなくなっていた…。飛ぶように富士山を駆け上がり、全員無事に登頂して旅を終えた。

 

◯2013年の様子はこちららhttp://blogs.yahoo.co.jp/ogita_exp/33270142.html


第3回「大阪港〜福井若狭湾」

 

参加者:5名(男3名 女2名) 

ルート:大阪港~福井県小浜市 160km

日 程:2014年8月3日~8月12日 10日間

 

3回目の100milesAdventureは関西開催!「日本一低い山」天保山公園を出発した5名の子供たち。今年はみんなお揃いのユニフォームTシャツを作り、気分も一致団結。大阪の街なかを通り、やがて歴史あふれる京都の中心地に。京都では100年前の古い京町屋を改装した宿舎に泊まり歴史に触れる。京都から逢坂の関を越えると、日本一の琵琶湖が目の前に。休養日はみんなで琵琶湖でおもいきり遊ぶ!予定が、なんと台風直撃のあおりを喰らって日程変更。江戸時代に若狭湾から京都に海産物を運んだ「鯖街道」にいまも色濃く残る歴史の匂いに触れながら、旧街道を北上して全員無事に福井県小浜市の若狭湾にゴールした。

 

◯2014年の様子はこちら http://blogs.yahoo.co.jp/ogita_exp/34907802.html


第4回「厳島神社〜出雲大社」

参加者:6名(男2名 女4名)

ルート:厳島神社~出雲大社 173km

日 程:2015年8月5日~15日 11日間

 

神話の時代から近代史まで、日本の歴史が凝縮したルート。宮島の厳島神社を出発してフェリーで対岸へ渡ると、広島の強烈な暑さが襲ってくる。暑い…。8月6日の広島平和記念公園での式典を間近に見て、北上すると急峻な中国山地を越えて行く。時々現れるトンネルの涼しさに感動しながら、美しい山々や山村を巡り、瀬戸内海から日本海をめざす。時折現れる集落ではお手洗いや休憩の軒をお借りし、その度に美味しい野菜や飲み物をいただいた。アップダウンの激しいコースであったが、全員が無事に出雲大社にゴール!多くの人に助けられ、道すがらに頂くトマトや野菜の美味しさに感動した旅だった。

 

◯2015年の様子はこちら http://blogs.yahoo.co.jp/ogita_exp/36237178.html


第5回「札幌〜大雪山旭岳」

 

参加者:7名(男6名 女1名)

ルート:札幌~大雪山旭岳 190km

日 程:2016年8月3日~13日 11日間

 

過去最長距離となる190kmの道のりを踏破して、北海道最高峰の旭岳登頂を目指す!札幌市街地を抜け、岩見沢市から山を越えると、美しい富良野・美瑛の丘陵地帯。寄り道して美味しいアイスクリームを食べるという嬉しい出来事もありつつ、それでも炎天下を毎日20km以上進む。時には足の痛みを訴えて、仲間同士で荷物を分け合いながら、みんなで目標に向けてひたすら進む。全員が無事に旭岳への登山に臨み、ロープウェーを使わずに一合目から全てを自分たちの足だけで登る。驚くほどの快晴の中、無事に旭岳山頂にゴールを果たした!

 

◯2016年の様子はこちらhttp://blogs.yahoo.co.jp/ogita_exp/37370049.html


第6回「別府温泉〜熊本城」

 

参加者:9名(男8名 女1名)

ルート:別府温泉~熊本城 170km

日 程:2017年8月5日~14日 10日間

 

日本を代表する温泉地である大分県別府市をスタートし、雄大な自然と豊富な食に恵まれた「阿蘇くじゅう国立公園」を抜け、名城「熊本城」を目指す初の九州開催!初日から台風に見舞われるも、日程をうまくやりくりしてなんとか全ルートを歩く。由布院の山奥の温泉宿や、見所満載の夢大吊橋などを通りながら子供達の団結は日増しに強くなっていく。阿蘇からは、未だ震災の爪痕も生々しい熊本を体験しながら、出発10日目に全員無事にゴールの熊本城に到着した!

 

 

○2017年の様子はこちら https://blogs.yahoo.co.jp/ogita_exp/38320031.html