· 

第1ルート・10日目

台風も大きな影響を及ぼすことなく過ぎ去り、元の計画では8月8日水曜日に移動する予定だったルートを進むことになりました。これでゴール手前までの全てのルートが繋がることになります。

 

進行スピードが早まっていることもあり、お昼休憩の「道の駅・裏磐梯」には11時20分に到着。ここで心強い援軍と合流。極地建築家の村上祐資さんが、この二日間を共に進むために駆けつけてくれました。その道の駅では福島名産の桃の差し入れまでいただきましたが、またその味が格別!本当にありがとうございました。

 

午後からは更にペースも上がり、目的地には14時半頃に到着。無事、明日のゴールまでを残すのみとなりました。

 

本日の宿泊先「国立磐梯青少年交流の家」に到着すると、前日イヤと言うくらい遊んだ「ロクムシ」をやろうと言うことに。20km歩いて来たとは思えないほどの元気ぶりに、スタッフは皆脱帽しました。

 

夕食を終えると、全員で10日間の振り返りを行いました。初日の直立不動の集合写真に大爆笑!たった10日間ですが、初日とは全く違った表情の7人が写真を見ながら思い思いに語り合いました。また各自のTシャツにサインをし合うなど、ゴールを目の前にして名残惜しむ様子も見られました。

 

さあ、いよいよ明日はゴールです。天気も心配なさそうですし、予定の正午には全員で猪苗代湖に到着出来るよう、最後まで歩き切ります!